2013/12/31

書楼弔堂 破暁/京極夏彦 著

 ここ暫く気力が萎えてしまい読書ができませんでした。何が駄目だったわけでもなく只、気力が湧かないというのは実に困ったものです。とはいえその間にも「それから/夏目漱石 著」を読み返したり「年中行事覚書/柳田國男 著」を読了していましたが、どうにも感想を得るに至りませんで。夏目先生の文は筆者にとり最上で、柳田先生の民俗学的知見は素晴らしいものなのですが、ウーン読んだらお腹いっぱいになって寝ちゃった感じ。それはそれで一つの感想なのかも知れませんが、時と共に風化してしまいます。あまり嬉しいものではありませんね。
 他にも調べ物に長いこと掛かっているものがあったりと理由はあるのですが、さて置いて。これではいかんなァと思い久々に新しいものを読んでみた次第。新シリーズだったこともあり若干敬遠してまだ手に入れてなかったのですが……京極先生の新刊です。