2013/06/02

三四郎/夏目漱石 著

 読みたい本を片端から手に入れるのは良いんですが、読書に要する時間の長さと理解に至る考察の鈍さと興味を保つ精神の弱さには筆者自身辟易する事甚だしく。本を読むという行為は常に楽しくなければ嘘だと思うのですが、儘ならないものです。
 そんな中でも創作小説は良いですね。創作それ自体には罪がありません。嘘も真も隔て無く呑み込まれています。そこにはただ、オモシロイがある。そんなわけで日々の仕事に魂を削られるなか、せめて通勤時などの空白時間、休日外出時の喫茶休憩くらいはと、好きなものを読む日々を過ごしております。

 通しで読んで二巡ですが、折角読了したので今回は夏目漱石先生の「三四郎」をご紹介致します。あまりと言えば有名過ぎる作品故、筆者如きが分不相応とは存じますが。