2011/05/12

豆腐小僧双六道中 おやすみ/京極夏彦 著

 先生の著作は興味深いなあ。というわけで新刊、今更ですが読了しました。
 前回「ふりだし」同様、二人称の落語調で物語が展開します。妖怪談義も楽しいながら、読んでいて本当に落語を聞くように、するするするりと読めるところが豆腐小僧の魅力ですね。いやあ飽きさせません。いささか尾籠な話も御座いますが。