2010/10/20

薤露行/夏目漱石 著

 本題「かいろこう」と読みますが……うーん……予備知識が足り無さ過ぎました。
 内容ですが、序文に書かれている通り、マロリーの「アーサー物語」を下敷きにしたものらしいです。マロリーて誰だろうと調べたら、こういう方らしい。成程、世に数多あるアーサー王関連作品の底本的作品を書かれた方なんですね。また一つ勉強になりました。
 ついでにリンクを辿って「アーサー王の死」を調べたら、ようやく先生の作品の内容が腑に落ちました。そうか、不義だったのか……予備知識無いからって読みが浅過ぎました。反省。

2010/10/10

草枕/夏目漱石 著

 山路を登りながら、こう考えた。
 智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。
 うわあぁぁ……何この格好良い出だし。
 こんな格好良い文章が、要所要所に出て来ます。惚れるわぁ……。

2010/10/03

永日小品/夏目漱石 著

 わりと短めで読み易かった三作品、第三段はこちら。
 こちらも前回同様、夏目漱石先生の、恐らくは私小説になるのでしょう。小さな話が盛り沢山。ですがそれ以外も混じっているような構成になっております。