2010/09/21

硝子戸の中/夏目漱石 著

 わりと短めで読み易かった三作品、第二段はこちら。

 こちらは夏目漱石先生の、恐らくは私小説。小さな話を幾つも集めたような形式になっており、各章毎に異なる話もあれば、二、三章で一つの話になっているものもあります。元は新聞掲載のものらしいです。

 三十九章に小分けにされた随筆。一章目はこの随筆に対する弁解的な内容で始まります。

 それから後は一章毎、あるいは二、三章毎でまとまったお話が続きます。
 こちらは副題無しなので、掻い摘んだ内容で分類してみます。若干分け方が微妙かも知れません……。
  • 家族のお話
    • 飼い犬のお話
    • 二代目の猫のお話
    • 母の思い出
  • 仕事のお話
    • 雑誌社からの写真撮影のお話
    • 講演会と謝礼のお話
    • 講演会での聴講生の反応に対する考察
  • 訪問者との対談
    • 苦労をした女性との対談
    • 原稿を持込した女性との対談
    • 心が整理できない女性との対談
    • 芸妓屋に奉公していた男との対談
  • 昔の思い出
    • 樺太へ行った友人O氏との思い出
    • 昔実家に入られた泥棒のお話
    • 東家の御作さんの思い出
    • 旧宅の思い出
    • 益さんの思い出
    • 幼少期のお話
    • 幼少期の友人喜いちゃんの思い出
    • 幼少期の寄席の思い出
    • 長兄と関係のあった芸妓のお話
  • 事件
    • 坂越の男のお話
    • 大塚楠緒さんの思い出
    • 芝居のお話から起きた喧嘩のお話
  • 考察
    • 身近な人の死に思う事
    • 持病に対する考察
    • 人付き合いに対する考察
 そして最後の三十九章目は、(多分)執筆当日のお話で締め括られています。

 全体を通して、先生の死生観が読み取れるような内容になっており、少々暗い内容が多いです。
 修善寺の大患後の随筆という事もあり、それに対する描写は深く、けれどどこか達観した考察が含まれていて、どきりとさせられる内容も度々ありました。

 そんな感じで。

0 件のコメント: